バックナンバー

JJ 12月号 (2017年10月23日発売)

1712_book_01 1712_book_02 1712_book_03

目次

大特集「ガールからレディへ――」を体現したJJ看板モデルの素顔、全部見せます!一周回って知らない、オードリー亜谷香のすべて。

#1 オードリー亜谷香、まだ夢の途中。

#2 AUDREY’S 8YEARS IN JJ

#3 \Everydayぺたんこ靴!/オーちゃんのリアル30日コーデ、完全再現!

#4 オードリーが20代で出合った7つの名品。

#5 ヘルシーだけど色っぽい「オーちゃんと黒」のカンケイ。

#6 ヘルシー美人の素、大公開

#7 JJ読者からオーちゃんに質問大会!

#8 ARIGATO THANK YOU, AUDREY

第2特集新しいの欲しい派も去年の着回す派も、失敗はしたくない!で、この冬もそのコートでいく?

PART1 せっかく買うなら、“ちょっと新しい私”になれるコート。

PART2 「カラーコート」を羽織れば、毎日がもっと絵になる

PART3 去年のチェスターでも“今年っぽい”はできますか?

PART4 「今年顔コート」はイケてるブランドの安心感を頼りに

PART5 おしゃれなあの人の「先物買いコート」SNAP

PART6 “ギリギリまでライダース派”のための年末まであったか着回しDIARY

PART7 コートとスカート丈の正解バランスが知りたい!

PART8 いいものを永く着るためのコートのお手入れQ&A

続きを表示
閉じる

BLENHEIMが支持される、いちばんの理由――
着るだけで、実力以上のスタイル美人。

11/30の発売までもうすぐ!
藤井萩花ソロ写真集・発売イベント決定!

この色を着て、好きなひとに会いに行く
冬に恋する、赤ニット。

きれいめベースのシンプル服で、着回し力抜群
NATURAL BEAUTY BASICでON/OFF上手な10日間!

“すぐ届く”“すぐ使える”ワードローブの強い味方!
Amazon Fashion presents 今月の「NET買い」for WEEKEND

色で、素材で――レディシックな冬支度
サマンサタバサで女らしさ、トッピングしてみない?

“いいね!”がいっぱい 2WAYショルダーバッグ&ミニミニ財布
\大好評!/サマンサ×JJコラボ、ついにお披露目

クールなのに可愛い、カッコいいのに女らしい
SAMANTHA VEGAで叶う、ハンサムな彼女

NY発のジュエリーで都会的な色気をまとう“いい女”に
ハンサム派の毎日に、カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーを

\約1週間分が試せるミニサイズが今月の付録!/ ムレやニオイを気にしないでおしゃれを楽しめる
ブーツ美人の秘密はお出かけ前の「デオナチュレ」!

この組み合わせで着ておけば、失敗なし!
「ぺたんこ靴」大前提! JJ公式冬の鉄板コーデ7

“えー、うそ、全然見えない!”って言われること、確実
\ALL¥9,999以下/ ほめられニットは、高見えコスパニット。

\冬限定!/大人な着こなしで、が大前提!
25歳、タイツがあるならミニはける

無難な黒で“足元重い…”はコレで解消!
冬のミディ丈スカート、「グレータイツ」でスタイル美人

“もっちり白肌”の私たちが可愛く見える季節がやってきた!
冬の白もち族は、ほんわか癒し系

3号連続企画
一生に一度の指輪、あなたはどうやって選ぶ?
「私だけのリング」を探して―― With I-PRIMO Story01 Miwako Kakei

初のスタイルエッセイ本、出版決定!
でも結局…「せとはる」って何者!?

Special issue
グルメも、ファッションも、インテリアも――
\滝沢カレンがNAVI!/ すべてのトレンドは今、NYにある

恋人以上、結婚未満。そんな2人に贈る、最幸なストーリー。
「ステディリング」をめぐる物語

秋服は買ったのに、顔はそのままですか? 大人気ヘアメーク・笹本恭平さんに教わる
“美人に見える”ブラウン顔

思い切った投資が未来のキレイにつながる!
冬ボで買いたい ご褒美憧れコスメ

3都市でお金のかけ方がこんなに違う!という事実。
東名阪JJ読者の平均顔、丸ごとHOW MUCH?

JJ読者300人以上の肌を見てきた美容ライター・矢崎がお答えします!
大きな声じゃ言えないけど… 保湿ケアの基本がわからない!(汗)

なりたい私をつくるのは、ファッションやヘア・メークだけではありません
そろそろ“私の香り”、持ちませんか?

絵になる#麻祐子飯を支える、“うつわ”探しは意外と簡単!
有末さん的和食器はじめ。

息抜きに、上司との話のネタに、彼との共通の趣味に――、とにかくいいことずくめ!
私たち、「ゴルフ始めてよかった」

先輩たちの経験談から見えてきた、今の過ごしかた。
25歳は人生のターニングポイントなのか?

JAFがあるから安心してハンドルを握れる!
アクティブなJJ世代は、「運転は私」派!

この記事が気に入ったら

Pick up