コラム

【カメラ片手に立ち話。@sakiiiya】#8 “ご飯中!”の写真に、バリエーションを。

一気に肌寒くなってきましたね。
毎年寒くなると、”もうすぐ今年も終わりだな”なんて1年の振り返りをしています。
後2ヶ月ちょっとで2017年も、終わり。
 
今年もたくさん旅をしたな~!
この毎週水曜に更新するJJのコラムもよく旅先で書いているな~、なんて
振り返っているそんな今も、
私はLAのホテルのベッドで寝っ転がりながらこの原稿を書いています。
 
これで、今年の旅は最後……かな?
 
初のLA!どこを歩いていても映画のワンシーンのような、そんな素敵な街で
いつも以上に写真を撮りまくっています。
 
街並みはもちろん、かわいいカフェやレストランもたくさん!!
どこも素敵だから、毎食カフェ&レストラン選びが楽しい!そして、どこも美味しい!!
オススメのカフェ&レストランを紹介しながら
その場面に合った写真の撮り方を紹介していきます。

①【Superba Food&Bread】

朝ごはんを食べに行った“Superba”
朝早くにも関わらず、地元の人も多く
みんな思い思いの時間を過ごしていました。
 
私はアボカドトーストをオーダー。
手前に持ってきてピントを合わせ、友達の手が出てきた瞬間にシャッターを押します。
奥の壁が木製&テーブルが緑だったので、真上から撮るより
アボカドの色味がはっきり際立って◎

②【Alfred】

近々Alfredの姉妹店“Alfred tea room”が東京に出来るとの事で話題のカフェ。
私的にはコーヒーカップに付く“But First, Coffee.”のスリーブをよく外国人のインスタグラムで見て気になっていたので、coffee shopの方へ。
普段は背景をボカして撮る事が多いですが、せっかくの“But First,Coffee.”サインを生かし
ボカシ加減を少なめに(1つ前の記事で書いたCanon EOS M100はボカシ加減も調整できます)
文字とコーヒーがしっかり映るようにしました。

パラソルが素敵なテラス席でも1枚。

奥のパラソルだけでなく、自分の真上のパラソルも入れる事によって
さらに奥行きが出ます。

③【La Piazza】

ショッピングが楽しめるThe Groveの中にある“La Piazza”
ポカポカいいお天気の中、テラス席でピザを頬張るローカル達につられて入ったら大当たり。
ピザ生地はサクサク、パスタの味付けも最高です。
美味しい料理と写したかったのは、LOVEの刺繍が可愛いスコッチ&ソーダの新作スウェット。
お気に入りのトップスを着ている時は、料理や手元だけを入れるのではなく、
しっかり自分も映り込み、自然にoutfitの紹介もしています。
ホールピザを撮るときは、1、2枚誰かが取った後のホールが崩れている状態&お友達が手を伸ばしてピザを取っている瞬間を撮るのが好き。
ピザの大きさもわかるし、ホールそのままを撮るより立体的に見えます。

④【Gjusta】

オシャレな店内はもちろん、何を食べても美味しいデリショップ“Gjusta”

外の席がかなり良い感じ!
私は自分で中身を選べるサンドイッチをチョイス。
ターキー、チーズ、トマト、オニオンにバケット…と好きなものだけを詰め込んで。
シンプルだけど、こういうのが1番美味しい!
けれど、写真を撮るには少し寂しいかな…と思ったので
メインに写したかったサンドイッチを手前の光が当たっている部分に持って来て
残りのお皿などは影の中へ。これでシンプルなサンドイッチもグッと引き立ちます。
 
この光と影を使ってもう一枚。
濃淡がある事で、写真にコントラストと温かみが出ます。
自分をしっかり陽の当たる方に置いて、服もしっかり見えるように。
 
 
日常生活はもちろん、旅先では様々なカフェやレストランに行く機会も多いと思うので
そのシチュエーションに合わせて撮り方を変え、“ご飯中”の写真にバリエーションをつけてみて。
 
 
映画「LA LA LAND」の大ファン!な私にとって、LAはまさに夢の街!
映画のロケ地を観れるー!なんて気持ちだけでやって来たけれど
着いた瞬間から、もう虜になるほど魅力的な街で何を見てもずっと感動しっぱなし。
なんでもっと早く来なかったんだろう…なんて思いつつ
みんなにLAの素晴らしさを伝えたい一心で、写真を撮りまくっています。
 
次のバケーション先として、ぜひ選んで欲しい!
そんな事を写真と文章で伝える事も仕事のうちの1つなので、
自分のこの感動をしっかり表現できるよう
目一杯、今年最後の旅を楽しんで来たいと思います。
with love from LA LA LAND!!!
 
 
Sakie
Instagram @sakiiiya

Archive

この記事が気に入ったら

Pick up