コラム

イヴルルド遙華先生のココだけの裏話!「今後7年の過ごし方でこれからが決まります」

大人気フォーチュンアドバイザー、イヴルルド遙華先生による本誌の占い連載は、毎回取材でうかがったお話が誌面には載せきれないほど盛りだくさんの語り倒してもらっています。というわけで、Web限定の拡大版企画! 担当ライターが、取材中に大盛り上がりした裏話をご紹介していきます!

いま何かを始めないとヤバいかも!?

新元号になってはや1ヵ月半。そして2019年も半分が過ぎました。本当に毎日あっという間ですよね!そういえば、2019年に入る前あたりからイヴルルド先生が「これから7年間が大事」「変化の年」ということを会うたびにお話しされていたのですが、たしかに私の周りでも最近いろいろな変化があった気がしています。

 

 先生によると、天王星がこの7年間でその人のライフスタイルを築いていくという動きに入っているので、今までなんとなく同じだった環境に変化が訪れ、ふるいにかけられていくそう。

 

大物スポーツ選手の引退発表や、つい最近もビッグカップルの結婚報道で世間が賑わいましたが、「運気のいい人ほど人生を見直す時期に入っている」というイヴルルド先生のお話もこれに関係しているのかも。

 

 「何かを成し遂げた人ほど、次のステージのことを考えるのが早いよね」と話すイヴルルド先生。決断をしていかないと乗り遅れてしまうそう。仕事でも恋愛でも始めて遅いことはないんだから、5年、10年後の自分のことを考えて過ごしてほしいとおっしゃっていました。「こうなりたい」「こうあるべき」と思うんだったら、つらいことや大変なことがあっても貫いていくこと。彼氏に振り回されたり、友達に足を引っ張られているままだったら、いざ自分が何かを頑張ろうと思っても何も始められない状態になってしまう。

 

 そうそう「あの子、彼氏とどうなってるか知ってる?」とか「あの子今仕事順調なの?」って気にしている子ってどのコミュニティにも必ずいますよね。だとしても、周りのことばかり気にしていないで、これからの過ごし方を考えるほうが先決みたいですよ。

この記事が気に入ったら

Pick up