筑波大生が特産品のお土産を作るためのクラウドファンディングをはじめます

株式会社fortune
PR TIMES

8月14日(火)「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング 開始!

つくば市の特産品を使用した新しいお土産を開発するために、8月14日(火)、から「CAMPFIRE」でクラウドファンディング をはじめます!

つくば市にはいくつかの特産品がありますが、それを知っている人は少ないという問題があります。そこで私たち「Tsukuba×Sweets Project」はつくば市の企業、農家、市役所の協力の下、つくば市の特産品を使用した新たなお土産を企画・開発し販売することで多くの人に特産品を知ってもらうことを目指して活動しています。

◆つくば市の特産品を使ったお土産を作ることでつくば市を応援したい!

つくば市の特産品の1つであるブルーベリーを使用した新しいお土産を開発・販売するために、8月14日(火)、から「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング をはじめます!
CAMPFIRE ページ サムネイル

使用する特産品は「ブルーベリー」で、つくば市が日本の3大産地の1つであること、発祥の歴史に筑波大学が関係していることから、決定致しました。

商品イメージ

◆「つくばの実」の紹介
つくばの魅力が詰まった実、それこそが「ブルーベリー」であるということ。この「つくばの実」を食べた時に、つくばの魅力が溢れるように。そして、それを味覚だけではなく、視覚でも楽しんでいただけるように。という思いを込めてこのような商品を考案しました。

限定パッケージ

主なリターンの紹介
10,000円、応援してくださった方々には、CAMPFIRE限定オリジナルパッケージで、商品を送らせていただきます。
つくば市のお土産なので、パッケージにはつくばの要素を沢山詰め込みました。箱は本を模した形になっており、その表紙にはブルーベリー、筑波山、市の鳥(フクロウ)、市の花(ホシザキユキノシタ)を描きました。
フクロウは農村・人里環境を代表する鳥です。知恵と技術の象徴であり、学園都市を抱えるつくば市にふさわしい鳥として市の鳥に選ばれています。ホシザキユキノシタは筑波山のみに自生する市天然記念物で、初夏に白くて美しい花を咲かせます。
それぞれつくばを表現するにふさわしいと思い、パッケージにデザインさせていただきました。

▼詳しくは▼
CAMPFIREページ : https://camp-fire.jp/projects/view/66727

「Tsukuba×Sweets Project」とは
『つくばの魅力をスイーツの美味しさと共に届けたい!!』、そんな思いを持った21人の筑波大生によって構成されている学生団体です。
つくば市に住み始め、「つくば」という街がだんだん好きになってきた私たちは、「つくばの魅力と美味しさをもっと多くの人に知ってもらいたい!」と思い、「つくば×???×スイーツ」をコンセプトに活動しています。

つくばには魅力的な特産品がたくさんあります。しかし、それが周囲にはあまり知られていないように感じています。そこで現在は『お土産は人に運ばれて、人に届けられるもの。』つくばの魅力やそれを広めたいという私たちの想いも乗せて運ばれて欲しい。その思いで、つくばの特産品を使用したお土産を作り、そして魅力をより多くの方々に知ってもらうことを目標に活動しています。

「Tsukuba×Sweets Project」公式ホームページ
HP : https://ut-sweets.com

「Tsukuba×Sweets Project」公式SNS
twiiter : https://twitter.com
instagram : https://www.instagram.com/tsp_shigen/
facebook : https://www.facebook.com/search/top/?q=tsukuba%20sweets%20project

活動の様子
MTの様子
筑波大学宿舎祭での販売の様子

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<