口紅売上NO.1(※)、大人のためのオールインワンルージュ「カバーマーク ブライトアップ ルージュ」。花々のように可憐な新色<シアーピンク>を2018年8月24日より発売。

カバーマーク株式会社
PR TIMES

カバーマーク ブライトアップ ルージュ 12 <シアーピンク>2018年8月24日(金)発売

カバーマーク株式会社 (所在地:大阪府大阪市北区)は、2018年8月24日(金)より「ブライトアップ ルージュ」の新色12<シアーピンク>を発売いたします。(※)カバーマーク内において


カバーマークが提案する新色は、ひと塗りで花々のような可憐さを感じさせる「シアーピンク」。しっかり発色するのに、重さを感じさせない透け感のある仕上がりで、唇から大人の女性の可愛らしさを演出します。
パステルカラーの口紅をつけると、大人の肌はかえってくすんで見えたり、血色感のない印象になりがちです。そこで、カバーマークは独自の色理論に基づき、大人の口もとが浮かない、パステルピンクの発色と透け感を実現しました。
ブライトアップ ルージュは、年齢を重ねて変化する大人の唇に、「ツヤ」「潤い」「発色」を1本で叶える独自の2層着色構造を採用。立体感と奥行きのある発色を実現し、しっかりと色づくのに、肌に溶け込むようになじんでフィットします。
つけた瞬間に花咲くようなピンクのヴェールが顔全体を包み込みます。

■製品概要
製品:カバーマーク ブライトアップ ルージュ 12 <シアーピンク>
価格:3,800円(税抜)
発売日:2018年8月24日(金)

■製品特長
唇本来の色みを「引き出す」、肌を明るく見せる色・ツヤを「のせる」。
独自の2層着色構造により、ほしかった発色と透け感が実現、持続。
素の唇にひと塗りするだけで、それらが全て叶う“オールインワンルージュ”。

1.発色
2層が作る奥行と立体感。異なる発色を叶えるカバーマーク独自の<2層着色構造>
ティント層と色づき層からなる独自の<2層着色構造>を採用。
ティント層で唇を内側から色づかせ、色づき層でカバーマーク独自の肌色理論によって設計した色をのせることで、しっかり発色するのに透け感のある絶妙な仕上がりを叶えました。さらに色づき層にある高密着ツヤヴェールによって、奥行きと立体感を形成。
口紅が顔から浮くことなく、肌に溶け込むようになじんで肌全体に明るさと若々しいツヤ感を演出します。

2.ツヤ
上質なツヤと保湿を持続 カバーマーク独自の<高密着ツヤヴェール>
美しく発色した色の上に、透明度と屈折性の高い<高密着ツヤヴェール>を形成。
塗布時はなめらかに伸びながら、唇にピタッと密着、大人の唇に透明感のある上質なツヤを与え、持続させます。また、ボリュームがなくなってきた唇も、ふっくらとした口もとに。※

3.潤い
潤いあふれる、みずみずしい唇へ。<美容液成分86%配合>
厳選された9種類の植物抽出エキスとスクワランオイル、セラミド類似成分オイルといった美容オイル成分を贅沢に配合。唇表面をやさしく包みこむラッピング効果により乾燥しがちな唇に潤いを与え、気になる縦ジワも目立たなく見せます※。
※メイクアップ効果による。

【植物抽出エキス】※唇の保湿・保護
アルニカエキス・オトギリソウエキス・カミツレエキス・シナノキエキス・スギナエキス・セージエキス・セイヨウノコギリソウエキス・ゼニアオイエキス・トウキンセンカエキス

4.その他特長
・時間が経っても自然な色が持続します。
・美容オイル成分の働きで、美容液で包み込むようにスーッと伸び、なめらかな塗り心地。
・一本で、リップクリームも、グロスも不要なほど潤いあふれる唇に。
・大人がつけたくなるカラーバリエーション。鮮やかな色でもしっくりなじむので気軽につけることができます。

■カバーマークとは
カバーマークは1960年よりスタートした日本の化粧品ブランドです。そのルーツは、ニューヨークのリディア・オリリー夫人が開発した、アザ、傷痕、皮膚の変色を自然に隠す化粧品にあります。
それは、外見を変えるだけでなく、心の苦痛も取り除くものでした。このオリリー夫人の精神と優れた製法を受け継ぎ、日本でスタートし、現在に至ります。
いまでは様々な肌への影響にさらされる現代人の肌環境を考え、より負担のない使用感や美しい仕上がりを持続させる品質を追求。最新の皮膚科学を取り入れたスキンケアからファンデーションまで多くの女性に支持されています。

■関連URL
カバーマーク 公式ブランドサイト 
http://www.covermark.co.jp/
カバーマーク ブライトアップ ルージュ 専用サイト 
http://www.covermark.co.jp/brightuprouge/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<