発売後約2ヶ月で初回生産分が完売!美容ライターも注目する最先端ウェアラブル美顔器『MediLift (メディリフト)』とは!?

ヤーマン株式会社
PR TIMES

近年、美容家電を当たり前に使う時代になり、消費者ニーズの高まりや技術開発により美容家電の進化が続いています。
その中でも様々な種類がある美顔器ですが、ヤーマン株式会社 (代表取締役社長 : 山﨑貴三代、所在地 : 東京都江東区)では全く新しいタイプの美顔器『MedeiLift(メディリフト)』を発売しました。
『MediLift』は装着するだけで簡単に顔の下半分のケアが出来るマスクタイプの“ウェアラブル美顔器”です。

■発売後約2ヶ月で完売!美容ライターが選ぶ美顔器で3冠達成!


 2018年3月に発売した“ウェアラブル美顔器”『MediLift』は発売後約2ヶ月で初回生産分1,000台が完売。現在は順次再入荷されていますが、一時は美容アイテムへの感度が高い女性たちが入荷待ちするほど人気となりました。

 ハンディタイプの美顔器が主流のなか、マスクを装着してスイッチを入れるだけの100%ハンズフリーの美顔器ということで、美容業界でも発売後すぐに注目が集まり、美容ライターを対象にした「フェイスラインに関するアンケート」では、人気美顔器4製品から選ぶ「最先端技術部門」で1位に。さらに、しっかりと表情筋へアプローチでき、ウェアラブルな点から「もたつきケア部門」「ながらケア部門」と合わせて3冠を達成しました。

【フェイスラインに関するアンケート】
実施日 :2018年5月28日(月)~5月31日(木)
対象  :美容ライター30名
調査方法:インターネット調査
調査機関:BAトレンドラボ

また、世界的に熱狂した感動のミュージカル・エンターテイメント映画「グレイテスト・ショーマン」とコラボレーションキャンペーンを実施しました。「グレイテスト・ショーマン」のブルーレイがプレゼントされるキャンペーンはTwitterのトレンド入りをするほど話題に。

※「グレイテスト・ショーマン」×「メディリフト」キャンペーンは7月9日に終了しました。

■装着するだけで正しく表情筋を鍛え、上向き肌へ導く“ウェアラブル美顔器”『MediLift』


 年齢と共に衰える表情筋は、その上の皮膚を引き下げ、顔の印象を左右します。様々な表情筋を鍛える方法がありますが、約30種類以上もある表情筋の中には、鍛えるべきものと、休ませるべきものがあります。

『MediLift』は、肌にやさしく伸縮性に優れたシリコーンマスクがお顔にフィットし、4本の固定ベルトがもたつきの気になる肌を顎下から持ち上げてしっかりホールド。通称リフト筋とも呼ばれる頬の皮膚や脂肪を引き上げる‘大・小頬骨筋’を鍛える「トレーニングEMS」と、ものをくわえたり、噛み締めたりするときに使う‘咬筋’を和らげる「リリースEMS」で正しい位置の表情筋に、正しい波形で、正しいアプローチを行います。

マスクを装着し、10分間の独自EMSからなる3つのモードから選んでスイッチを押すだけで、本格的なリフトケア*トリートメントが行えます。
*… 肌を持ち上げてトリートメントするケアのこと。

【モード紹介】
オートモード・・・リリースEMS3分間、トレーニングEMS4分間、リリースEMS3分間。
ストレッチモード・・・リリースEMS10分間。深層筋の咬筋へも到達する20~100Hzの低周波でストレッチのように心地よく刺激し整えます。
アップモード・・・トレーニングEMS10分間。2.5~17Hzの低周波で大・小頬骨筋周りをトレーニングします。

【製品情報】
発売日  :2018年3月29日 (木) ヤーマン直営店先行発売
      2018年5月21日 (月) 直販サイトにて販売開始
セット内容:コントローラー×2、シリコーンマスク×1、
      取扱説明書、アダプター、充電ケーブル
価格   :25,000円(税抜)

公式サイトURL: https://www.ya-man.com/products/medi-lift/lp

■美容家電のパイオニア40周年を迎えるヤーマンとは?

「一人でも多くの方に、より高機能・高品質な製品を通じ、理想の美しさをかなえたい」という思いから日本初の体脂肪計※の開発からはじまり、業務用美容機器、そして美容家電の開発へ。

日本の精密機器電子メーカーとして培った技術と知見を惜しみなく注ぎ込み、美容家電のパイオニアとして設立40周年を迎えました。そのクオリティは日本のみならず、世界で広く愛されています。
※インピーダンス方式において 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<