集まれ!ゆかた女子 ゆかた美人日本一を競うコンテスト

株式会社ハクビ
PR TIMES

ゆかたクイーンコンテスト2019浅草区公会堂にて開催決定 応募締切7/21まで

日本情緒あふれる浅草の街に400名を超える「ゆかた美人」が大集合。浅草公会堂のステージで美しい着姿を競い合います。歴代ゆかたクイーンは女子アナウンサーとして幅広く活躍中。

報道関係者各位
2019年6月吉日

日本最大級ゆかたの祭典
ゆかたクイーンコンテスト2019を
825(日)浅草公会堂にて開催
~400名を超える美しいゆかた姿の女性がステージを飾ります~
ゆかたクイーンコンテスト2019プロジェクト委員会は、ハクビ京都きもの学院(株式会社ハクビ 本社:東京都豊島区 代表取締役会長 柳生良隆)の協力のもと、日本最大級のゆかたの祭典「ゆかたクイーンコンテスト2019」を令和時代の夏本番となる8月25日(日)浅草公会堂にて開催し、女性らしさと和の美しさを兼ね備えた「ゆかた美人日本一」を決定いたします。
【URL】http://kimono-contest.com/yukata/

ゆかたクイーンコンテスト2019について
毎年恒例となった浅草の夏をゆかた姿で彩るコンテスト。各地の予選会を経て400名を超える本選出場者が美しいゆかた姿で「ゆかた美人日本一」を競い合う。ヘアメイク・ウォーキング・コーディネートなど様々な観点から審査を行い、最終的にゆかたクイーン1名、準ゆかたクイーン2名、審査員特別賞など各賞を選出する。応募条件は16歳以上の女性で未婚・既婚関係なく出場できる。関東・静岡・長野の各エリアにて説明会および予選会を実施。外国人観光客も数多く訪れる日本を代表する浅草の街で本選を開催しゆかた姿を披露し競う。コンテスト受賞者には副賞として、ブランドきものや帯、沖縄旅行、ダイヤモンドネックスレス、ホテル宿泊券、テーマパークパスポートなど様々な賞品が用意されている。

昨年のコンテスト風景
昨年のコンテスト風景
昨年のコンテスト風景

主催:ゆかたクイーンコンテスト2019プロジェクト委員会
制作・運営ハクビ京都きもの学院
日本で最も美しい伝統文化のひとつである“きもの文化”を一般の方にも広めるため、日本女性の美しさを披露するイベントとして、夏は「ゆかたクイーンコンテスト」冬には「きものクイーンコンテスト」を開催している。受賞者には、きもの・ゆかたモデルとして雑誌・TV・映画出演や日本伝統文化の普及活動の他、国際的な式典やスポーツイベントの表彰式で活躍する場が待っている。近年では女性アナウンサーの登竜門となり、多くの人財を輩出する和装コンテストとなっている。

昨年の受賞者

モデルとして活躍
受賞者の活躍イメージ

ゆかたイメージ

コンテスト前の準備イメージ

モデルとして活躍

国際的な式典で振袖アテンド
スポーツイベントの表彰式
開催概要】
イベント名:ゆかたクイーンコンテスト2019
開催日:2019年8月25日(日)
会場名:浅草公会堂(東京都台東区)
アクセス:〒111-0032東京都台東区浅草1-38-6(浅草駅から徒歩5分)
申し込み方法:専用WEBページより申込
http://www.kimono-contest.com/yukata/
WEB応募の締切:2019年7月21日(日)まで
参加費:2500円(税込)
主催:ゆかたクイーンコンテスト2019プロジェクト委員会
制作・運営:ハクビ京都きもの学院
協賛:(株)日本旅行/グランドプリンスホテル新高輪/ホテル雅叙園東京/(株)まるやま/(株)ジョイフルまるやま/ブルーノート東京/きもの雑誌「七緒」/大島椿(株)他

運営母体
ハクビ京都きもの学院について
東京23区を中心に関東一円・静岡・長野・山梨・福島・新潟など全国に118拠点を構える老舗の着付け教室。きもの文化の普及・伝承を理念に掲げた教育に力を入れ、きもの・ゆかたの着方から平安時代の王朝装束の着装・歴史まで幅広く教えている。きもの文化の講義を中学校・高校・大学で実施する他、国際文化交流や和装でのボランティア活動などにも積極的に取り組んでいる。

【会社概要】
会社名:ハクビ京都きもの学院(株式会社ハクビ)
所在地:〒170-0002東京都豊島区巣鴨2-11-1巣鴨室町ビル3階
代表者:代表取締役会長 柳生良隆
設立:1971年12月
URL:http:/www.hakubi.net/
事業内容:着付け教室の運営・日本伝統文化(王朝装束・和紙ちぎり絵・くみひも)の普及

コンテストに関するお問い合わせ】
ゆかたクイーンコンテスト2019プロジェクト委員会
TEL:0120-975-083(平日10~18時)
e-mail:info@kimono-contest.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<