長崎県小値賀(おぢか)町×ワタベウェディング 「小値賀島DIY Wedding」モニターカップルを募集!

ワタベウェディング株式会社
PR TIMES

~島の様々なロケーションがウェディングの舞台に!DIYで自分好みにプロデュース~

ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、長崎県・小値賀町【長崎県北松浦郡小値賀町、町長 西村久之】と協力し、小値賀島のロケーションなど、島のあらゆるものを使用して、カップルと列席者で創り上げるオリジナルウェディング「小値賀島DIY Wedding」のモニターカップル1組を、2019年6月12日(水)~2019年7月3日(水)まで募集いたします。

募集サイトTOP


小値賀町は、長崎県の西部、五島列島の北端に位置する、人口約2,400 人の小さな島です。本土からの交通手段は佐世保港からフェリーで約 3 時間、高速船で約1時間 30 分、博多港からは約5時間の距離に位置しています。島は美しい翡翠色の海に囲まれ、その雄大で美しい独特の景観や海岸美から、島全体が西海国立公園に指定されています。また、懐かしい日本の原風景が残る島内では、古民家を改修した一棟貸の宿泊施設である「古民家ステイ」もあり、まるで島の住人になったかのような気分を楽しむことが可能です。ほがらかでおおらか、そして、旅の人をあたたかく迎え入れる島民性から「おもてなしの島」とも呼ばれています。

モニターを募集する「小値賀島 DIY Wedding」は、小値賀町の全面協力により、挙式やパーティの舞台を、島内の道路や海岸、古民家など、様々なロケーションで行うことができる新しい婚礼スタイルです。自分好みにプロデュースしたウェディングをお楽しみいただけます。「自然に囲まれたロケーションで、自分達だけのオリジナルウェディングを創りたい。」、「DIYウェディングに興味があるけれど、アドバイスやサポートが欲しい。」と検討しているカップルにおすすめです。今回は、「小値賀島 DIY Wedding」のプラン化に向けたモニター企画となりますので、当社がおふたりの結婚式のプランニング及び当日の運営をサポートいたします。

尚、当取組みは、「大学生観光まちづくりコンテスト2018」で最高賞となる「観光庁長官賞」を受賞した長崎県の活水女子大学の小値賀島ウェディングプランの事業化に向けて、当社がアドバイザーとして参加したことがきっかけとなり実現いたしました。また、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」に当社が賛同し、11番目の目標である「住み続けられるまちづくりを」の達成に向けた活動の一環として、離島振興を観点に取組みを行っております。

これからも当社は、サスティナビリティに配慮した取り組みを行い、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

募集要項
■応募条件:
・列席者ありの結婚式を検討しているカップル
・撮影時の写真や感想などを当社WEBサイトやTV、新聞など各種メディアに掲載可能な方(列席者含む)
・打合せ及び下見にご同行いただける方
(※打合せ場所は、ワタベウェディング東京オフィス、お住まいの近くのワタベウェディング店舗、もしくは、WEB会議での打合せを予定しております)
■モニター特典:
1.カップルの渡航費用負担:下見もしくは挙式の際にかかる渡航費用を往復1回分ご負担します
2.挙式当日のパーティにおける、カップル・列席者分の料理・ドリンク費用をご負担します
3.プランニングサポート:小値賀島ロケーションや施設等のあらゆるものを使用して、おふたりのイメージに合うウェディングのプランニングや、当日の運営をサポートいたします
■応募期間:2019年6月12日(水)~2019年7月3日(水)
■挙式実施期間:2019年11月上旬(予定) ※除外日あり
■応募方法:対象期間中に特設キャンペーンサイトよりご応募
■プレゼント組数:1組
■当選発表:厳選なる抽選の上、2019年7月4日(木)中に、当選者にメールにてご連絡いたします
■特設Webサイト:https://www.watabe-wedding.co.jp/press/ojikaisland-diywedding
■注意事項:当選通知後、3日以内にご連絡が取れなかった場合、当選は無効となります

「小値賀町について」
小値賀町は、長崎県の西部、五島列島の北端に位置する、人口約2,400 人の小さな島です。本土からの交通手段は佐世保港からフェリーで 約3 時間、高速船で約1時間 30 分、博多港からはフェリーで約5時間です。
島は美しい翡翠色の海に囲まれ、その雄大で美しい独特の景観や海岸美から、島全体が西海国立公園に指定されています。また、懐かしい日本の原風景が残る島内では、古民家を改修した一棟貸の宿泊施設である「古民家ステイ」もあり、まるで島の住人になったかのような気分を楽しむことが可能です。ほがらかでおおらか、そして、旅の人をあたたかく迎え入れる島民性から「おもてなしの島」とも呼ばれています。

■世界遺産の島
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成資産として、小値賀町の「野崎島の集落跡」が世界文化遺産に登録されています。
※小値賀町の「野崎島の集落跡」にある旧野首教会での挙式はできません。

野崎島・旧野首教会

■美しい景観と自然
島は美しい翡翠色の海に囲まれ、その雄大で美しい独特の景観、海岸美から島全体が西海国立公園に指定されています。
釣りやシーカヤック、自然を満喫することができます。

小値賀島・景勝地
■古民家ステイ
築100年以上の古民家を趣や日本の美はそのままに、快適な空間にリノベーションした「古民家ステイ」。武家屋敷や、港を望む漁師町の家など。豊かに栄えた島の歴史を刻む古民家をまるごと一棟、一組様貸し切り。古き良き「島の家」でゆったりとお過ごしいただけます。

古民家ステイ イメージ
■アクセス
佐世保港(佐世保市)⇄ 小値賀港
高速船:片道 約1.5時間
フェリー:片道 約3時間
博多港(福岡市)⇄ 小値賀港
フェリー:片道 約5時間

※島の東部にある小値賀空港は、2006年以降現在路線廃止中

<ご参考>
「大学生観光まちづくりコンテスト」について
「大学生観光まちづくリコンテスト」は、大学生が観光まちづくリプランを競い合うコンテストです。参加チームは、フィールドワークを通じ地域の魅力や課題の調査・分析を行い、プランを創造します。2018年の「長崎県国境離島ステージ」では、活水女子大学の小値賀町のウェディングプランが、最高賞となる「観光庁長官賞」を受賞しました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<