特集

2020年最旬「奥二重さんアイメーク」決定版!

リップがメークの主役になった今、アイメークがマンネリになっていませんか?
春に向けて、 一重・二重・奥二重別でさりげなく今っぽさを出す選びとテクを今のうちにマスターしたい♡
今回は、切れ長美人な目元に仕上げる奥二重さんの最旬メークを紹介します!

【奥二重さん】

奥二重さん代表 青山瑠那さん (K女子大学・21歳)

 

Before

目尻側にポイントを置いた、 横に広い目で魅力がUP!

腫れぼったく見えがちな奥二重さ ん。目尻側に見えることが多い二重部分を活かしてメークを。馴染みやすいカラーシャドウを 〝く〞 の字に 入れるのがポイント。また、目の幅を横に広げるよう意識をすること で、切れ長の美人な目元に。

横幅を意識したすっきり目元を目指して!

【Before】

⬇︎

⬇︎

⬇︎

【After】

HOW TO MAKE UP

目尻をポイントにした、切れ長EYEに

【使用アイテム】
❤️アイシャドウ
ゴールドとレッドパ ール入りの肌なじみ のいいベージュ。

ア イグロウ ジェム BE 387¥2700(コスメデコルテ)

<Step1>
淡いブラウンのクリームシャドウで立体感を

まずは淡いブラウンのクリームシャドウをアイホール全体に指でのせます。目尻側にだけ2、3度重ねづけすることで、上まぶたに自然な立体感が出ます。

 

 

【使用アイテム】
❤️アイライン
なめらかな描き心地。

ケイト レアフィットジェルペンシル BR-1¥1100〈 編集部調べ 〉

<Step2>
アイラインは黒目の上部分から引く

アイラインは自然な目ヂカラを出してくれる、ブラウンのジェルアイライナーで。まずは黒目の上から目尻のくぼみまで引きます。

 

<Step3>
目尻側を〝く〞の字にして、目ヂカラをUP

上まぶたの目尻のくぼみまで引いたアイラインを 〝く〞の字になるように、下まぶたにも。下まぶたに引いたラインは綿棒でぼかすと自然な印象に。

 

 

【使用アイテム】
❤️アイシャドウ
浮かない華やかさが 出るイエロー。

ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 024¥ 800〈編集部調べ〉(コーセー)

<Step4>
下まぶたにマスタードイエローを

下まぶたにはマットなマスタードイエローを。黒目の外側から目尻までブラシでのせて。肌なじみのいい色なのに印象的な目元に。

<Step5>
目尻の下側にさらに同色を重ね、目ヂカラを

同じマスタードイエローを目尻の下側に重ねます。下まぶたに引いたアイラインのアウトラインをぼかすようにすると、カラーシャドウでも自然になじみます。

 

 

【使用アイテム】
❤️マスカラ
右から、キャンメイク クイックラッシュカーラー 透明タイプ¥680(井田ラボラト リーズ) 
アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ 02 ¥4300(SUQQU)

<Step6>
横幅を広げることを意識して斜めに

ビューラーでまつ毛を根元、中間、毛先の順にやや外向きになるように上げます。その後、カールをキープする下地をつけマスカラを。

 

After

目尻に効かせたイエローで キュートな目ヂカラが

「アイラインで囲まないと目が大きく見えないと思い込んでいましたが、そんなことないですね!」(青山さん)
クールに転びがちな奥二重さんも、目尻にポイントが出るようにのせたアイシャ ドウやマスカラのおかげで、目の強さ はもちろん、可愛らしさも。

ニット¥7400(MURUA)ピアス¥4,500(Mignonjour/Room403 表参 道本店)

 

 

<リップの使用アイテムは>
右から、コンスピキュアス リップス 09¥4500(アンプリチュード)
ジェリーリップグロス 07¥2200(ジルスチュアート ビューティ)

今回教えてくれたのは…

ヘアメークyumiさん
様々なメディアで活躍。開催して いるメークレッスンも予約殺到。 http://threepeace.co.jp/contact/

「春メークで差をつけるには、目元 でもオシャレさを演出したいところ。アプローチが一重・二重・奥 二重で異なります。どれにも共通 して言えるのは、今季は〝カラー で楽しむのが正解だということ。 いつものブラウンとは違う、キレイ色をのせることで旬の目元が叶います。また、目を大きく見せようとしてアイラインで目を囲むの は絶対に 。余計に小さく見えてしまいます。ラインに頼らずぱっちり印象的な目元を叶えるテク を伝授するので挑戦してみて!

撮影/向山裕信(vale)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 ヘアメーク/ yumi(ThreePEACE) スタイリング/鳥山悦代(One8 tokyo) 取材/棚田トモコ  編集/千田真弓

この掲載の情報はJJ2月号を再構成したものです。

この記事が気に入ったら

Pick up