学生会館Dormy スペシャルアニメ動画 『気づけばできてた。』 を公開

株式会社 共立メンテナンス
PR TIMES

親元を離れ一人暮らしをはじめる学生とその家族を応援。新生活のベストなはじめ方を提案します。

学生会館Dormy(ドーミー)の名称で全国に学生寮を展開する株式会社共立メンテナンス(以下、共立メンテナンス)は、初めて実家を離れて生活をする学生とその親や家族に向けたスペシャルアニメ動画 『気づけばできてた。』 を1月よりYoutubeチャネルに公開していますのでお知らせします。是非、ご覧ください。

スペシャルアニメ動画 『気づけばできてた。』 https://www.youtube.com/watch?v=2yxyFfroZYY

こどものときのはじめての経験は常にはじめてマンが見守っていました。

はじめてのひとり暮らし、新生活にもはじめてがいっぱい。

本動画では、こどもが生まれてから成長する過程での“はじめて”の経験を、スペシャルキャラクターであるはじめてマンが支えているというストーリーで構成されています。
歩くこと、話すこと、文字を書くこと、初めてのおつかいや自転車に乗ること等、“気づけばできてた”経験には、常に見守っていたはじめてマンがいました。
共立メンテナンスは学生が進学のため親や家族のもとを離れ新生活を始めた後の、“気づけばできてた”を応援したいと考え、本動画を作成しました。

初めて実家を離れて生活をする学生には、たくさんの“はじめて”があります。
共立メンテナンスでは、学生寮を長年運営するなかで、学生やその家族が直面する課題や悩み等をお聞きし、学生時代の生活を不安を感じず有意義な成長の過程としていただけるよう安心で快適な環境作りに取り組んでいます。
本動画においても表現しています学生の皆様の“はじめて”“気がつけばできてた”といっそう感じていただけるような寮事業の運営に努めています。

共立メンテナンスは全国に270以上の学生寮を運営しています。
詳細は学生会館DormyのWebサイトをご覧ください。
https://www.gakuseikaikan.com/

<共立メンテナンスとは>
共立メンテナンスは1979年に設立され、企業の給食受託業務から事業を開始しました。その後、学生寮、社員寮を運営する「寮事業」を、さらに、ビジネスホテル・リゾートホテル運営する「ホテル事業」へと、事業領域の拡大を図りながら成長を遂げてきました。また、高齢者向け住宅を提供する「シニアライフ事業」、自治体と連携して公共サービスを支援する「PKP(Public Kyoritsu Partnership)事業」を展開し、多様に変化する社会情勢を見据えながら、幅広いフィールドで住環境やサービスを提供することで、長期的な成長に向けて取り組んでいます。
https://www.kyoritsugroup.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<