「STAY-HOME CREATIVE PROJECT」できることからやっていこう

株式会社ケイズプロジェクト
PR TIMES

広告の世界にセルフィーの波。これから新たな主流になるソーシャルクリエイティブビジネス。

モデル自身が自宅で撮り下ろしたセルフィー写真がそのまま広告へ。「STAY HOME」から生まれたソーシャルプロモーションの新しい形。

モデルの手によりセルフィーで撮影されたポートレーと写真は、ジュエリーブランド[white buffalo]のイメージビジュアルに採用

ファッションの中心地、情報発信都市であるLAやNY、パリやミラノなどで活躍するファッションモデルたちは新型コロナウィルスによる外出制限のため自宅待機となり、働きたくてもショーや撮影中止が相次ぎ、働けない状態が続いています。

もちろん日本でも同じ状況です。

そんな中、世界的アパレルブランド「ZARA」はモデルたちの自宅へ新作商品を送り、セルフィー撮影へ切り替えを実施。通常のプロスタッフによる撮影を行わず、モデルたちのスマートフォンなどを用いた撮影で自宅のリビングルームや寝室、テラスなどを背景に、セルフメイクとセルフスタイリングというセルフィースタイルの撮影方法を採用。モデルのライフスタイルが垣間見え、センスの良い自宅のインテリアなどにも関心が集まるなどしてSNSではポジティブな反応を獲得しています。日本でもファッション誌「ViVi」の表紙に初めてセルフィー写真を採用したことで話題になりました。

外に出られなくても、離れていても、できることはあります。ならばできることからやっていこう。
時代に合わせたプロモーションの具現化に向け、株式会社ケイズプロジェクト(http://www.ksprojectinc.co.jp)は、アメリカをはじめ世界中のモデルクラブと連携し「STAY-HOME CREATIVE PROJECT」を2020年5月よりスタートいたしました。
※ロックダウン(STAY-HOME)の解除後は、屋外でのセルフ撮影も可能となります。

■STAY-HOME FASHION CREATIVE –モデルのセルフィーポートレートをそのまま広告採用–

LAやNY在住のファッションモデルが中心となって、自宅でプロモーション商品の魅力をPRします。
実施方法は極めてシンプル。商品をモデルの自宅に送り、ブランドコンセプトに沿ってモデルがそれぞれの解釈で
セルフポートレート。 画像データは撮影後スポンサーに提供されるほか、モデルが持つSNSアカウント上でご指定のハッシュタグを付け投稿。
ある程度のクリエイティブコントロール(要望)も可能です。
LAやNYのモデルのリアルな自宅でのライフスタイルに商品が溶け込む、これまでの広告とはひと味違うプロモーションです。
▶︎ 参考モデルエージェンシー 「TheIndustryModelManagement」  
https://www.theindustrymodelmgmt.com/

■STAY-HOME FASHION MOVIE –モデルのリアルライフに溶け込む映像で商品PR–

セルフポートレートの動画版。実施方法は同じくシンプルに構成。商品をモデル自宅へ送付し、ブランドコンセプトに沿ってモデルがそれぞれの演出で動画を制作します。ファッションのほか、エクササイズトレーニングや美容、食品など映像ならではの演出が可能です。室内でありながらも海外の空気感を纏った映像と、ユーザーに指示の高いモデルをキャスティングすることでSNS上での話題づくりにご活用いだけます。
(映像尺目安:5分まで)ある程度のクリエイティブコントロール(要望)も可能です。

世界が1日も早く平穏な日々を取り戻せることを願いながら…
できることからやっていこう。「STAY HOME CREATIVE PROJECT」
株式会社ケイズプロジェクトは、次世代のプロモーションの在り方をこれからも考え、発信していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<