No.1フェイスマスクのLuLuLunから、化粧水登場!『ルルルンローション』デビュー

株式会社グライド・エンタープライズ
PR TIMES

フェイスマスクのように、いいものを、たっぷりじっくり、そしてやっぱり気軽に。

株式会社グライド・エンタープライズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:山口道元)は、シリーズ累計10億枚※1突破・フェイスマスクブランドNo.1 ※2 「ルルルン」より、新カテゴリとなる化粧水 『ルルルンローション クリア』『ルルルンローション モイスト』 を2020年6月15日(月)より公式オンラインストア、7月1日(水)より店頭にて発売いたします。

メインビジュアル
※1 2011年7月~2019年3月の累計販売枚数
※2 インテージSLIパック市場 2019年1月~12月 金額シェア
※2 「ルルルンプレシャス」はブランド売上No.1、「ルルルン」はブランド売上No.2となります。

フェイスマスクブランドから新カテゴリー誕生。化粧水で、「ルルルン」をもっと身近に。

ルルルンは、フェイスマスクを毎日使って肌を十分に保湿いただくことで、肌力を向上し、毎日を「ルルルン」と、明るくごきげんな気持ちに導くことをブランドポリシーとして、2011年に誕生しました。
肌の目的に合わせた成分、シートの厚みや取り出しやすさなどを追及し、「毎日使い」を叶えるラインアップを、計39種展開しております。

「ルルルンローション」は、フェイスマスクと合わせて使用することで、肌力をさらに向上させることはもちろん、フェイスマスクを毎日使わない女性にもまるでフェイスマスクを使ったかのような「ごきげん」な肌を叶えるため、たっぷり使える化粧水を開発。
ルルルンは、トータルスキンケアブランドとして、すべての肌に寄り添います。

フェイスマスクのようにしっかりと。たっぷり潤す大容量で、毎日もっとごきげん素肌へ。

「ルルルンローション」は、肌内部のタイトジャンクションに着目。バリア機能を高め、肌の土台を強化する美容成分を配合しました。 皮脂や常在菌にアプローチする成分が、さらりとした肌に整える「ルルルンローション クリア」と、高保湿成分が、乾燥しがちな肌に潤いを巡らせ、キープする 「ルルルンローション モイスト」が、理想の状態に導きます。
また、フェイスマスクを使ったかのように肌を十分に保湿し、成分を届けるためには、化粧水もたっぷりと使っていただくことが大切です。

ルルルンは、化粧水を使用する時の、ボトルの大きさが、使用量に影響することに着目しました。
ボトルと化粧水使用量のグラフ
20代~40代の女性10名に、200ml、350ml、500mlの化粧水ボトルを手に取って、それぞれの一回あたりの使用量を計測したところ、200mlと500mlでは約3倍。最大で5倍量使用する女性も存在しました。
また、「大きいボトルだと、化粧水が手からあふれることを気にせず、たっぷり手に取ることができる」という女性も。「ルルルンローション」は、使う瞬間から、惜しむことなくたっぷりと使えるよう、500mlのボトルを採用しました。

フェイスマスクより気軽に使って、フェイスマスクのようにしっかりと肌を潤す。ルルルンは、化粧水でも毎日に「ごきげん」を届けることを一番に考えました。

■ルルルンローション クリア 500ml/1,200円(税抜)
「微生物学的バリア層」「物理的バリア層」の2つのバリア層に着目。
肌バランスを整えて、さらりと潤す化粧水。

ルルルンローションクリア
・シャクヤク花エキス
ビタミンDの力が土台を強化。肌をたっぷりうるおして、揺るがない健やかな肌へ導く保湿成分。
・リズムペプチド
体内時計の乱れによる肌への影響をサポート。肌リズムを整え、ヘルシーな肌に導きます。
・レモンマートルエキス
過剰な皮脂分泌によるニキビやテカリ。皮脂バランスを整え、つるんとした素肌に。
・保湿型アミノ酸誘導体
肌表面の常在菌バランスを整え、肌バリアの質を向上。なめらかな透明美肌へ。

■ルルルンローション モイスト 500ml/1,200円(税抜)
高保湿成分配合。乾燥しがちな肌に、潤いを抱えて、巡らせ、しっとりキープ 。

ルルルンローション モイスト
・シャクヤク花エキス
ビタミンDの力が土台を強化。肌をたっぷりうるおして、揺るがない健やかな肌へ導く保湿成分。
・リズムペプチド
体内時計の乱れによる肌への影響をサポート。肌リズムを整え、ヘルシーな肌に導きます。
・ジャノヒゲ根エキス
肌の土台にアプローチ。干ばつにも耐えうると言われるジャノヒゲ根由来の成分が潤いをしっかりキープ。
・リピジュア
ヒアルロン酸の2倍の保湿力のある保湿成分。潤いに満ちた肌に導きます。

■公式HP(5月30日公開)
http://lululun.com/lotion/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Pick up

<