特集

【就活お悩み相談室】不安過ぎて辛い!を解決するリラックスヨガ3選

連日連夜のES提出で目は血走っているし、慣れないヒール靴で足は棒。そんな状況での“お祈りメール”で、メンタル崩壊寸前になるのは当たり前。今回は軽やか&ポジティブに就活を乗り切るための【3つのヨガ】をご紹介します。

みんなは就活で辛いとき何してた...?

Netflixのテラスハウスが唯一の楽しみに。他人の恋路を追っている場合じゃないと思いつつも、長時間ネットサーフィン→後悔。(Y.Oさん/中央大学4年生)

手軽な気分転換と言えば、Instagram。次第にストーリーズで友達の内定祝いを目にするようになり、発散方法を失いました…。(K.Sさん/京都女子大学 4回生)

サークルの飲み会でストレス発散するつもりが、ES や面接準備からの現実逃避で、つい深酒に。準備不足&二日酔いで、さらに辛く。(M.Iさん/慶應義塾大学4年生)

こんなときどうする?

✅第1志望の面接前、試験前が不安すぎて辛い

B-life、Mariko先生の「リラックスヨガ」 を試してみて!

就活生だけでなく、現代人は呼吸が浅くなって、自律神経が乱れがち。簡単な1ポーズを行うだけでも、呼吸が深まってリラックスできます。ヨガは、基本的には空腹時を心がければ、ベッドの上でも出先でも、椅子の上でも行えます。就活中こそ、不安なときの1ポーズをぜひ習慣化してみてください。

「B-life」インストラクター

Mariko先生

NBAバレエ団を退団後、インストラクターとして活躍。オリジナルのYouTubeチャンネル「B-life」が話題に。著書『自律神経みるみる整う 魔法のヨガ』(実業之日本社)も大好評。

【リラックスヨガ①】パワーが欲しい朝には「アンテナポーズ」

朝ヨガは1ポーズでも習慣化することで、脳からセロトニンという幸せホルモンが分泌されやすくなって、気分が前向きに。両手をVの字に上げるアンテナのポーズ は、作り笑顔でもいいので目いっぱい笑顔で行うのがコツ。胸がしっかり開けて、呼吸が深まります。

【リラックスヨガ②】外出中には、座ったままできる「イーグルアームス」

外出先で不安感が高まったときは、座ったままでも行える、イーグルのポーズを。就活中は猫背になって呼吸が浅くなるので、肩の位置を戻して鎖骨を広げます。腕をクロスして、両手を合わせて、キープ。肩こりが 和らぎ、呼吸が整って、リラックスできます。

【リラックスヨガ③】眠れない夜には「仰向けのガッセキポーズ」

ガッセキのポーズ。仰向けになり、足の裏を合わせて、ゆっくり腹式呼吸します。お腹の上に手を乗せることで、さらに呼吸を感じやすくなり、副交感神経が優位に。股関節を広げることで、全身の緊張が解けて、眠りの質がUP。

イラスト/柿崎サラ 取材/亀井友里子 編集/髙田彩葉

※この記事はJJ3月号を再構成したものです。

この記事が気に入ったら

Pick up