特集

JJスタイリスト3人が推薦!【パナソニック衣類スチーマーが優秀な理由】

毎月200ページ超えのボリュームで作成しているJJ。膨大なページと同じように、毎月たくさんの洋服を掲載しています。実は、そんな洋服たちがシワ一つなくキレイに映っているのにはある秘密が。その答えは「優秀な衣類スチーマー」。日々私たちが洋服をケアするのと同じように、スタイリストたちも撮影現場ではMY定番衣類スチーマーを常備しているんです。そしてさらに調べていくと、JJスタイリストチームのご指名は「パナソニック衣類スチーマー」が圧倒的! 一家に一台は欲しい「衣類スチーマー」というアイテム。日々100着以上の洋服を扱うプロが、数あるスチーマーの中からパナソニックを選んだ理由、探りました。

 

Profile
鳥山悦代

トレンド感度が高く、モードなコーディネートが得意なスタイリスト。衣類スチーマーはプライベート用と仕事用の二台持ち。好きなところは“立ち上がりの速さ”。今まで色々使用した中で一番だったそうで、1日の中で3本撮影がある時でも対応できるのはパナソニックの衣類スチーマーしかない、とのこと。

黒田菜菜子
自身も147cmというSサイズの着眼点を活かし、バランスよく見えるコーディネートに定評あり。推しポイントはやっぱり、”コンパクトサイズなところ”。小さくてもスチームはパワフルで、今まではコロコロ変えていた衣類スチーマーがこの一台に定着! とコメント。

近藤和貴子
JJ同世代スタイリストとして“わーちゃん”の相性で活躍中。スタイリストを志した時から「いい服を扱うなら、いい衣類スチーマーを使いなさい」という母の勧めでパナソニック製を愛用。お気に入りポイントは“シルクのようにキメの細かいスチームが出るところ”。

「モデル、カメラマン、ヘア・メーク…様々な人が関わっている雑誌の撮影。着替えが何度も必要になる撮影の際は特に、スタイリストの洋服ケアはスピード命。常にシワのない状態でモデルに着用させたいので、撮影中に思わず付いてしまった座りジワなどもスピーディに解決が必要なんです。立ち上がり約24秒という速さなら、他のスタッフを待たせずあっという間にシワを解決!」 by スタイリスト黒田

「約700gという軽量サイズで、撮影現場への持ち運びに便利なのも大好きな理由。軽いから長時間使っても手首が疲れにくいし、コンパクトなので狭いロケバスの中で移動中にケアすることも可能です。日頃のロケはもちろんのこと、スーツケースに衣類を詰めて行く、地方ロケでも欠かさず持っていくアイテムです」by スタイリスト鳥山
※海外では使えません

「撮影中、着替え用の洋服はラックにかけておくことが多いのでハンガーにかけたまま使えるのが嬉しいです。360℃どの角度からもスチームが出るので、左右どちらの手でも使えるのがおすすめ。でもそれだけではなく、パンツの折り目つけなどにアイロン台でプレスも可能! 2WAYで使える優秀なアイテムです」by スタイリスト近藤
※プレス使用の場合、衣類によってはテカり防止のため、あて布の使用をおすすめします。

スタイリストが愛用する理由が分かったところで、他にも使いやすい4つのポイントが!

冬場は忘年会・新年会などイベントも多く、アイテムもコートやニットなど洗濯しにくいものが増える時期。そんな時、すぐに洗えないアイテムもパナソニックの衣類スチーマーならニオイケアが可能です。繰り返し使っても衣類を傷めにくく、焼肉などの飲食臭やタバコ・汗・防虫剤のニオイ対策に大活躍間違いなし!

ボタンを押している間は、水がなくなるまで最長・約4分間たっぷりのスチームが出続ける連続・パワフルスチームもポイント。何度もスチームをかけなくても、一度にケアが可能です。

スチームがさらに広がりやすくなるように、スチーム穴の配置にも工夫が。一度に広範囲のケアが可能になりました。

実は毎回リニューアルごとに改良を重ねていて、今回は電源を切り忘れても安心の、自動ヒーターオフ機能が搭載されました。 約1時間使用しないと自動で電源がオフになる優れもの!

洋服のプロ、JJスタイリストたちも愛用する「パナソニック衣類スチーマー」。忙しい朝や旅行先など、JJ世代にとっても、頼れる存在になること間違いなしです。

パナソニック衣類スチーマー 
NI-FS530 
※オープン価格

カラー展開:ダークブルー、ピンクゴールド調

問い合わせはこちら

撮影/玉井俊之 取材/川鍋菜実

この記事が気に入ったら

Pick up