特集

不器用でもできる! コンビニのお惣菜を盛り付けてカフェ風ワンプレート作ってみた

皆さんこんにちは! 編集モーリーです。外宿自粛になってから、名店コラボラーメンを食べ漁ったり、辛ラーメンをアレンジして食べたりとスーパージャンキーな食生活をおくってきましたが… 久々にオシャレな見た目なものでも食べたいなあと思って。でも難しいことはできないので、セブンのお惣菜だけでカフェで出てくるようなワンプレートランチを再現してみました! 以前テーブルコーディネーターさんに教えてもらったうつわに盛るときのコツも教えます❤️

今回使ったのはこの4品!

《写真右上から時計まわりで》

直火焼仕上げの和風ハンバーグ(¥213)
肉粒感のある、直火焼仕上げの和風ハンバーグ。割ってみると中からジュワーっと肉汁が溢れてきて、お店で食べるハンバーグみたいに美味しい!! とろみのある和風のソースも最高でした。このソースだけでご飯1杯は余裕で食べれますね。

レンジで簡単グリル野菜(¥213)
なす、ズッキーニ、赤ピーマン、黄ピーマン、紫玉ねぎをひと口サイズにカットしてグリルしてある冷凍食品。これら全部バラバラで買ってたらとんでもない金額になってしまうところですが、これひとつをチンしてのせるだけで彩りがぐっとよくなるのも嬉しい! チンしてみてもはっきり鮮やかな色になるので、これはかなりオススメです! カレーやパスタの具材としても使えそう。今回は1/3袋分を使用しました。

ゆず香る豆とひじきのサラダ(¥127)
大豆、ひよこ豆、赤インゲン、枝豆の4種類の豆とひじきが和えてあるサラダ。醤油ベースのドレッシングに柚子果汁が入っており、とてもさっぱりした味! 人生で食べてきた豆のサラダのなかで圧倒的にうまい(笑)! 彩りもばっちりなんです。

レタスミックス(¥138)
紫キャベツとひと口サイズのカットレタスが混ざっていて、こちらも彩りはばっちり。80g入っているのでボリュームもあるし、レタスもシャッキシャキでした。

盛り付けるときの基本のポイントはこの3つ!

①彩りのためにご飯は雑穀米に! まるーく盛るのも忘れずに

 

カフェのプレートランチって色付きのご飯がまるくのっていますよね! こんな感じで底が丸い器にご飯を入れて、ひっくり返してお皿にのっけました。

②サラダの盛り付けは高さを出す

盛り付けるときは「山」になるように。そして山頂に何か彩りをトッピングすると簡単にオシャレに見せられます。

③メインの器と異なる形の豆皿を置く

ただ盛るだけじゃなくて、一皿小皿を載せるだけでバランスがぐんとよくなります。私は持っていなかったのですが、ガラスの豆皿とか、かたちがユニークなものを載せるとさらに可愛く仕上がるかと思います!

買ってきたお惣菜をチンしてそのまま食べることもできるけど、ワンプレートにオシャレに盛り付けするだけで何だか気分もアガりますよね! 味ももちろん美味しいし、Uber Eatsするより節約もできちゃうし、ドヤ顔で彼に出せば、セブンのお惣菜だってバレずに「料理うまくなったね!」なんて褒めてもらえるはず! 近々是非試してみてください💜

この記事が気に入ったら

Pick up