特集

忙しくてもキレイを保てる!美肌になれる「10分レシピ」

働くJJ世代、外食が続く時もあれば、夜遅くまで働いて寝不足な日もありますよね。そんな時は、体に不調が出がち。同世代読者の鈴木詩織さん(28)も、最近転職・同棲スタートと、環境の変化に伴い肌荒れに悩むようになったとか。そこで、夜遅く食べても体への負担が少なく、美肌を目指せる「10分レシピ」をアムリターラフーズと一緒に考えました。何と言ってもうれしいのは「夜遅く帰って作るのも苦ではない簡単さ」!これから毎月、美肌効果の高い材料を使いながらご紹介!初回は“玄米”を使用したレシピです。

週5日しっかり働いている鈴木さん。同棲を始めたことで手料理もスタートしましたが、夜21時以降に帰宅することもしばしば。作れない時は外食や、買ってきたお惣菜でさくっと済ませることも今までは多かったそうです。今回はワンプレートで済み、手軽に手に入る“玄米”でリゾットを考案!下記のように、白米を玄米に変えるだけでこんなに嬉しい効果が。しかも今回使用するのはレトルト玄米なので、炊く手間もはぶけて楽ちんです。

Step1 小鍋に水と干し椎茸を入れて、中火にかける。干し椎茸は手で小さめに割りながら入れる。

Step2 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、にんにくの香りが立ってきたら、半分に切ったプチトマトと塩を入れる。トマトは柔らかくなってきたらヘラで潰して旨味をだす。

Step3 2に玄米ごはんと、1の椎茸出汁、お玉2~3杯分、椎茸も一緒に入れる。玄米をほぐしながら柔らかくなる程度まで炒める。

Step4 お好みで塩をふり味付けをし、お皿に盛り付けて、麻の実ナッツとスプラウトを乗せて完成!

材料を炒めるだけで完成する簡単玄米リゾット。鈴木さんも早速自宅で試してみました。

レシピをメモせず、自宅で覚えているか実践してみた鈴木さん。やってみた感想は「本当に簡単だった!」とのこと。レシピを見ずに手の込んだ料理に見えて、また作りたいとのことでした。ちなみに彼からは「トマト系が実は苦手だけど、毎日でも食べたいくらい美味しかった!」と絶賛コメント。別の日にチーズを入れてアレンジもしたそうです。

今回使用したアムリターラのレトルト玄米「美養ごはん」を2パックずつ、3名様にプレゼント。九州産の自然栽培玄米と11種類の雑穀をもっちりと炊き上げた1食分のレトルトごはんは、重宝すること間違いなし!下記の項目をご記入いただき、件名に【アムリターラ玄米】と入れてjj-fan@kobunsha.comまでメールでご応募ください。

【応募要項】 あて先: jj-fan@kobunsha.com 締切:2019年4月20日(土) 入力された個人情報は、プレゼント発送以外の目的には使用いたしません。 ※当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。 ※件名に【アムリターラ玄米】と入れて本文に下記をご記入ください。 ◆名前 ◆性別 ◆年齢 ◆郵便番号 ◆住所 ◆電話番号 ◆メールアドレス ◆記事を読んだ感想 ◆今後知りたいレシピ、料理など

ご応募お待ちしております!

撮影/川原崎宣喜 デザイン/百瀬亜由美

この記事が気に入ったら

Pick up