インタビュー

祝・メジャーデビュー!佐野勇斗くんに聞くM!LKの今&これから。

今、ドラマに毎クール引っ張りだこの人気俳優、佐野勇斗くんが所属する5人組ユニット・M!LKがついにメジャーデビュー! この大ニュースを記念して、JJでM!LKの短期連載をスタート。いつもよりグッと大人っぽくオールブラックの衣装に身を包んだM!LKが登場し、メジャーデビューを控えた今の気持ちを語ってくれます。初回を飾るのは、佐野勇斗くん!

――メジャーデビューおめでとうございます! 今まで皆さんから、メジャーデビューが目標だと聞いたことがあまりなかったんですが、率直に今の気持ちを教えてください。

そうですよね。僕たちもビックリが大きくて!(笑)。これからM!LKは結成7周年で、より一層ギアを上げていきたいと思っていたんです。そのタイミングでメジャーデビューの機会をいただけて、これからもう一度気合いを入れてブーストかけていけたらなという気持ちです。今回のメジャーデビュー発表前に、重大発表があるとお知らせしていたから、ファンの方たちが心配していたらしいんです。解散だと思われて(笑)。やっと喜ばせるようなことが伝えられて、本当にうれしく思っています。

――M!LKの夢といえばドームツアーですが、メジャーデビューが決まり、別の目標は出来ましたか?

大きな目標の一つに、役者の僕をきっかけにM!LKも知ってもらいたい、ということがあるんです。今もドラマに出演させていただいていますが、いつか日本国外でも見れるドラマに出たいです! 作品のスケールも反響もかなり大きいので、そこを入り口にM!LKのことも知ってもらえたらうれしいなって。役者として海外の作品に出演したいという気持ちもずっと持っているんですけど、最近は海外の監督と共同で作品を作ったりするケースも多いみたいで、、スキルアップのためにも、出れたらいいなと思っています。

――今年は毎クールドラマに出演されていますが、個人の活動とグループの活動には、どんな違いがありますか?

自分の中ではスイッチを切り替えているつもりはないですし、俳優もM!LKも10:10でやっています。でも…M!LKの方が甘えてるというか、素でいられるしワガママも言えるかもしれないです。グループはずっと一緒ですから、その違いは大きいですね。

――今年M!LKは7周年。初期メンバーである、塩﨑さんと吉田さんはどんな存在ですか?

特に今回の夏ツアーで感じたんでが、やっぱり二人の存在は大きくて。メンバーの卒業などもあったけれど、ここまで頑張ってこれたのは、(吉田)仁と(塩﨑)太智の存在が大きかったです。あの二人がいなかったら、今ここにいないかもしれないです。グループとしての活動においては、すべて一緒の経験をしている。痛みをわかっている関係というのは大きいですよね。

――グループの分岐点をすべて一緒に過ごしているお二人ですもんね。

なかなかこんなにたくさん分岐点があるグループも珍しいですけどね(笑)。それを乗り越えての今なので、結束力は強くなっています。(吉田)仁人ともよく話すんですけど、ようやく基盤が固まったので、ここからは頑張るしかないなと言っていて。(曽野)舜太も(山中)柔太朗も、入ってすぐには馴染めないと思っていたけど、メンバーが5人になってからの舜太と柔太朗の頑張りってすごくて。あの二人がいてくれてよかったと心から思います。「M!LKでやってやるぞ!」って気持ちがすごく強い二人だから、努力もするし。なんなら僕たちが引っ張ってもらっているかもしれないくらいです。あの二人のお陰ですごくいい五角形ができていると思います。僕は二人と同じ熱いタイプで、仁人と大智は現実的。いいブレーキ役の二人に、柔太郎と舜太と僕で熱い要素が三人。すごくいいバランスになったんですよね。柔太郎は熱い気持ちも持ちつつ、中立なところもあるので、サッカーで言うとオフェンスとミドルとディフェンダーがいるみたいな感じですね。結束力も高まりました。

――今のM!LKを一言で表すと?

「直線」ですね! 結構たくさんの回り道をしてきて、一直線になかなかなれなかったと思うんですけど、今は全員が同じ方向を向いて一直線に進めているなって。直線、いや「一直線」です!

――佐野さんが個人的に憧れている人はいますか?

鈴木亮平さんとヒカキンさんを目標とさせていただいていています。鈴木亮平さんはドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』でご一緒して。僕がめっちゃ頑張った努力が10だとしたら、亮平さんは300ぐらいやってるんですよ! 中でもドラマの8話は、極寒の中で撮影して亮平さんはとても大変だったんですけど、僕はその日の撮影後にライブがあって。僕が先に現場を出る時に亮平さんが「これからライブあるの? 遅くまでごめんね! 頑張ってね!」と声をかけてくださって。思わず「この人には敵わん…」って思っちゃいました。自分の方が撮影でボロボロになっているのに、僕にやさしい言葉をかけてくれて…あんなにかっこいい人はいないですね。亮平さんには、英語の勉強方法も教えてもらったんですが、「そうやって頑張っている姿が素敵だ」と言ってくれて、この上なくうれしかったです。本当にカッコいい人なんです。ヒカキンさんは中学時代から動画を見ていますが、スタイルがブレないところがかっこいい。中学生の頃からずっと変わらず、憧れの存在なんです。最近は何か困難なことに直面したら、亮平さんとヒカキンさんを思い出すようにしています。

――憧れの人たちに近づくために足りないと感じるところはありますか?

スケジュールが詰まっている時に、自分のことしか考えられなくなるところです。特にメンバーには甘えちゃいますし。毎日、日記で反省してますね。憧れの亮平さんやヒカキンさんを思い出しながら、「自分はまだまだだ」と思っています。

――では、女性でかっこいいと思う人は?

女性にも男性にも感じることは同じなので、当たり前のことなのですが、誰に対しても平等で感じが良い人は素敵ですよね。自分の中に芯がある人というか、頑張っている人はかっこいいなと思います。愚痴を言わないで頑張っている人もかっこいいですよね!

フォトギャラリー(全4枚)

2021年11月24日(水)にメジャーデビューシングル『Ribbon』をリリース!

スターダストプロモーションに所属する佐野勇斗、塩﨑太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人からなる5人組ボーカル&ダンスユニット・M!LK。メンバーの卒業なども乗り越え、結成7年目にしてついにメジャーデビュー! 2021年11月24日(水)にメジャーデビューシングル『Ribbon』を発売する。表題曲「Ribbon」は、恋愛ソングでありながら、M!LKがこれまで歩んできた歴史と、メジャーデビューという節目を迎えた今の自分たちを結び、未来への決意表明を感じさせる楽曲。

タートルネックTシャツ¥18,700(アタッチメント/Sian PR tel.03-6662-5525)イラストTシャツ¥12,100(フラグスタフ/FourStore tel.03-6455-0448)ジャケット¥59,400パンツ¥39,600(ともにコントール/アンシングス tel.03-6447-0135)メガネ¥42,900(アイヴァン 7285 トウキョウ tel.03-3409-7285)その他/スタイリスト私物

撮影/イマキイレカオリ スタイリング/中西ナオ 取材・文/川端宏実 取材協力/所優里 構成/宮島彰子(JJ編集室)

この記事が気に入ったら

Pick up