特集

グループではどんな役割? THE RAMPAGEメンバーのキャラ図鑑【吉野北人 × 浦川翔平 × 武知海青 × 陣】

結成から5年が経ち、別人のように日々成長しているTHE RAMPAGEのメンバーたち。JJ12月号では、結成当初はアピールしきれなかった16人のキャラをまるっとご紹介しています!
今回はその中から吉野北人、浦川翔平、武知海青、陣、4名のグループでの役割をご紹介します。

リーダー・陣は「オカン」キャラ!

「僕リーダーなんですけど、THE RAMPAGEのお母さん役というか(笑)。メンバー会議で重たい空気になったときに、フザけたことを言うんですけど、それで場が和んで意見が出しやすくなったりするので、こういう役目って必要だなって思ってます。
GENERATIONSのリーダー・白濱亜嵐さんが、「グループのリーダーはとにかくメンバーをサポートしていくことが大切。自分は一番最後でいい」と話していて、しっかりグループをサポートすること、まだまだ自分にしかできないこともあるなと再確認しました。モットーにしているのは、自分に舞い降りた話は必然だと思うこと。リーダーとして、メンバーと全力で向き合っていきたいです。」

ボーカル・吉野北人は「ベビーフェイス」キャラ!

「はごりごりのヒップホップテイストのイメージだけど、自分がいるところではそうじゃない一面も見せていけるのかなと思っています。そういう意味ではグループの中では唯一無二の存在でいたい。僕にしかできない個性を光らせたいですね。以前から俳優業にも挑戦させてもらって、歌以外でも自分らしさを出せるようになりました。性格は、悩めば悩むほど負のループにハマってしまうタイプ。良い慣れが出せれば飲み込みがぐっと早くなるほうなので、自信を持ってポジティブに取り組んでいます。もともと負けず嫌いな性格でもあるし、活動はすべて好きでやっていることなので、苦労を感じたことはないですね!」

パフォーマー・浦川翔平は「特攻隊長」キャラ!

「テージではソロパフォーマンスの先頭をきってチームに火を付ける特攻隊長の役割を担っています。特攻隊長である自分がステージを温めて、そこで初めて自分の役割が果たせたかなって感じるんですよね。ライブなどでパフォーマンスの場数を重ねることで、ファンの皆さんにどうやったら喜んでもらえるかが掴めてきたので、盛り上がってもらうためにパフォーマンスするようになったといいますか。独りよがりのパフォーマンスではなくなりましたね。奥のその奥の客席まで届くように、ってことを考えてライブに挑んでいます。ライブにお金を払って観に来ていただいている以上、手前の席も奥の席も関係ないので、隅々までバッチリ見渡してますよ!」

パフォーマー・武知海青は「肉体」キャラ!

「僕は完全に肉体担当ですね! HIROさんから「LDHでナンバーワンの体だから自信を持ってほしい」と言葉をかけてもらったので、そういう意味でも自分の存在が他のグループに負けない象徴にもなっているし、鍛えた体で踊れることがチームを支えていると思っています。姉2人の末っ子長男という環境で育ったので、もともとゆるめの性格なんですね。でも体を鍛えはじめてからメンタルも鍛えられるようになって、ライブ前も焦らず落ち着いて構えられるようになりました。末っ子気質なので「でっかい甘えん坊」ってメンバーから今でも突っ込まれるんですけど、少しはどしっと構えられるようになったかな。これからはメンバーを引っ張っていける存在になりたいです。」

結成から5年が経ち、別人のように成長していっているTHE RAMPAGEのメンバーたちの中から吉野北人、浦川翔平、武知海青、陣のキャラをまるっとご紹介しました。

残りのメンバーのキャラ図鑑はJJ12月号をチェックしてみてくださいね。

撮影/佐藤航嗣〈UM〉 スタイリスト/中瀬拓外 取材/坂本結香、角田枝里香 編集/森本理沙
※この掲載の情報はJJ12月号を再構成したものです。

この記事が気に入ったら

Pick up